ムトブ登山レポート

 

 行きはヨイヨイ帰りは恐い〜編 

 

 

 

今回のムトブ レポートは小山が担当します。
2015年8月29〜30日 今回は河野さん、小山の二人で登ってきました!

無真会登山部(ムトブ)がいまだかつて登頂制覇をなし得ていない山、
日本一の山、世界遺産の山。その名も富士山!


今年は事前確認会(飲み会ですが)も行い、2週間前には無真会チャリツー同好会で体を鍛える訓練(BBQですが)

も行い、万全の体制で当日を待ち望んでいました。

 


富士登山で注意しなければいけないことは、

   ‥日までの体調管理。体調が悪いと高山病にもなりやすく、本人のみならず、メンバーの登頂確率も低くくなります。

   ∨百─∨豹綢从。8月でも、山頂は10℃以下、風が吹けば体感温度は0℃以下に感じます。

       雨も降るものとして、防水対策も大事になります。

 

 

しかし、もっと大事なことを私達は忘れていたのです。

それは、家族の愛する心。

私達は、この事を考えもしていなかったのです。
ただ、自分の欲望のままに行く事が前提となり、家族が心配してくれている事を気にもとめていませんでした。


私達が行く事を前提にしている理由はただ山小屋を予約しちゃってるから。
家族が心配しているのは、考えれば明白。登山予定日8/29-30が雨予報だったからです。


大山登山ですら、雨なら登りません。
なぜ、富士登山は雨でも行くのか?
前日、メンバー内で自問自答…
「明日の富士登山は中止にします。」
これが、答えでした。


山小屋に前日キャンセルの電話をし、メンバーに中止の連絡をし、正しい判断だったと自分に言い聞かせる。

ただ、ここに一人のバカがいました。
登りたいという我を抑えられない大バカが、無真会登山部部長の小山です。

中止の連絡をしながらも、メンバーに、今回は個人的に行きます。と宣言。
バカは伝染するもの、すみませんバカではありませんでした。

当日の天気を見て判断するとおっしゃられた河野さん。
前日キャンセルのメンバー4人。当日判断すると言った河野さん。行く事しか頭にないバカ小山。


運命の当日の天気。曇り。
行ける


ここに、これから地獄を見る事になるバディが誕生しました。小山と河野さんです。


早朝、河野さんに電話「行けますね」ニヤ。
「行けるよ」と楽しげな返事。
車の中では、天候に一喜一憂。
晴れ間が見えれば「俺たち、晴れ男だよ 」曇ってくると「なんかドキドキするわ」  二人で行く事に後ろめたさを感じながらも、車中は遠足気分(笑)

9時過ぎシャトルバスが出る北麓駐車場に到着。ここでも運が良く(運を使い過ぎ…)バス停前に停められ「ちょっとしたVIPっすねー」とアホな小山。
ここで登山スタイルに着替え、いざ出発。シャトルバス内も一番前に座り「バスガイドさん、いないんすかね」とアホな小山。
 
 
5合目はガスってました!
 

雨は降ってませんが凄い濃霧。
まさに雲の中。


「キン斗雲おーイ」と一人で叫ぶアホ小山。
景色は見えませんが、風もなく、マイナスイオンしかないんじゃねぇ雲の中。
 
6合目までは、孫悟空が界王様に会いに行く様な雲の中を、ハイキング気分で歩いていると、ガーナチョコレートを配る一団に遭遇。遠慮なくいただき「やっぱチョコはロッテだな」と二人で堪能。チョコレートだけにチョコ停し、宿泊先の7合目にある鎌岩館を目指します。

しかし、なかなか進まない。何故か?
なんとここから登山渋滞
夏休み最後の土日のせいか(人がゴミのようだ!)ラプュタのパクリ


 

 

鎌岩館まで、あと階段数歩なのに、入れない。TDLのファストパスを取らないでアトラクションに並んでいるよう。満員電車内からホームになんとか出るみたいに、なんとか鎌岩館に入りました 笑

 

 

 

畳だよ。鎌岩館、畳だよ。2回言うほど和むわ。


 

 

早速、ビールで乾杯


 

民宿に来た感じでよいよ!
一杯で意外にフラる〜


 

いい感じな気分のまま、寝床を案内していただく。
「布団一枚に二人で寝ていただく形になります」えっえ〜  いやいや無理でしょ。俺のお腹見てないでしよ!
河野さん壁側いいっすよ。と先輩に気を使いつつ、反対側に女子大生が来ることを富士の神に願う。

 

女子大生がとなりだったら代わってねと、河野さんも同じ事を考えいた。

しかし眠れん。

当然である、となりが男子学生…臭いしデカイ。羊が一匹羊が二匹、羊が3万を超えたあたりから記憶がない。

 

 

 


宿屋に起こしてもらう時間より15前の21:45に目が覚める。あっ寝てたね。
河野さんを起こし、ドキドキしながら外を見たよ…

 

雲海が見える  風もない  雲海の切れ目から下界の光も見える。ついてる。つきまくってる。


「小山くん、最高なんじゃない?」
「河野さん、今までの中でもトップクラスの登山日和ですよ

 


寒くもなく、風もなく、私はTシャツに上下のジャージを着るだけでいい感じ。頭にライトを付けていざ出発


山小屋の人に「今日は混むので御来光見る予定の方は早目に出発して下さい」って言っていた通り、山小屋を出発してから、ツアー団体、外国人旅行団体やらで8合目まで人人人(人間がまるでゴミのようだ!byムスカ)

 

 

 

 

 

 


7合目をクリアしたあたりから、小雨が…「そろそろカッパ着ますか?」上だけ着た。

 

渋滞は続く…

 

 

岩場がキツくなる頃、大つぶの雨が…ザザ…「下も着た方がいいっすね」

 

風が…  風に乗って雨が耳の中に入るぅ〜「ニット帽とネックウォーマーしますね」

 

大雨…「手がヤバいっす…」

 

冷たい大雨に寒い大風…  つまり「嵐」

 


超スローペースのおかげで高山病も大丈夫! 超スローペースのおかげで体力もある!
しかししかし、寒い…ものすごく寒い…

 

元気を出すべくジャニーズの嵐デビュー曲(嵐、嵐、オーイェイ)を心の中で歌うも効果なし。

いや笑えた。

 

3250m付近の山小屋でみんな立ち往生。上を見ると3人ほど山頂に向かってる(ヘッドライトの光が3つ見えた)

 

河野さんは「寒いからもう一枚中に着るよ」とトイレへ。

 

そこに山小屋の人が「ここは休憩所じゃないので」との声に年配のおじさんが

「仲間が低体温症みたいで動けないんだよ」と嘆願の声。

 

しかし山小屋の人も引かない。

そんなになるまで登る俺らが悪いのだろう。

当然だ。

こんな嵐になる前に下山するタイミングはいくらでもあった。

 

 

 

雨は小降りになっていた。
 
これから登る人達とすれ違う。
この人達にはどんな試練が待ってるんだろうと心の中で思う。
 
 
鎌岩舘からの下山は7合目最初の山小屋、日の出舘まで登山客の邪魔にならないよう、裏?ルートで降りる。
新しい発見と思うが、ただ眠い…眠すぎる…
下山道と同じような砂利道が続く。
6合目まで一気に降りた。
間髪入れず、すぐに降りる。
二人とも無口
「河野さん、お土産どうしますか?」
「小山くんは?」
「僕は前回登った時に買ったので大丈夫です。河野さん買うんでしたら、私、休憩所で待ってますよ」
「俺もいいよ」
覚えてる会話はこれくらいか。
二人とも疲れきっていた。
早く車に戻り、このグチョグチョの状態から解放されたい。ただそれだけ。
シャトルバスの一番後ろに座る。
グッタリしたいから。
車がシャトルバスの近くに停めてあるのがこんなに助かるなんて。
まわりなんか気にしない。
早く脱ぐ全て脱ぎさる。車の中に置いておいた服に着替えてサンダルをはいた。
この解放感たるや、言葉では表せない。
生きて戻った。
 
ちょっと大げさかもしれないけど、それほどに8合目の嵐が強烈過ぎた。
 
富士登山はたぶん10回以上行ってる。
けど山頂までいけたのは2回だけ。その時の達成感はハンパない。
日本一の山頂から見る御来光は山頂制覇の達成感に心満たされた中で見るから異様なまでに感動する。
山頂に行けなくても、自分の限界を感じることができる富士登山は最高に面白い。
山頂まで行けない時はだいたい限界だからだ。
 
 
今回の富士登山も自分の限界を感じることができました。Mですね(笑)

河野さん、本当にお疲れ様でした!


来年こそ皆さん揃って山頂行きましょう!

 

 

 次回をお楽しみに〜

 

 

 

 

 

 

 

 

ページのTOPへ  無登部 TOPへ  登山レポートへ  HOMEへ